「卒業生の声」を更新しました

お知らせ

卒業生からのメッセージ

嶋倉 昌貴さん

   私は、社会人を経験した後、看護師の道を志し、苫小牧看護専門学校で学び、今は市内の病院で看護師として勤務しています。学内では、高校から進学した若い学生や私のような社会人経験者が共に学び、お互い励まし支え合い、一丸となって演習や実習に取り組みました。最初はコミュニケーションにも不得手な私でしたが、学生同士や実習での患者さんとの触れ合いの中で、周りのメンバーとの協調性・情報共有の大切さや、人に共感し信頼を得られるようなふるまいが大事であることを認識でき、徐々に積極的な意思を育むことができました。同級生とは時にはぶつかることもありましたが、それが刺激となり違った視点に気づけたことは、とても貴重な経験になりました。同期生は、今でも悩みや近況を伝えあったりできる、大切な仲間です。また、学生が困難な場面に直面した際、先生方はいつも親身になって寄り添い共に考えてくださったことで、自分たちは迷わず前に進むことができました。看護師という資格をとるためだけの学校ではなく、「社会を支える人」として自らをみつめ成長できるそんな学校だと私は思います。そのお陰で卒業後も自らを高める努力ができ、私も感染管理認定看護師という専門資格を取得するに至り、通常の看護業務の傍ら、院内感染の防止のため試行錯誤しながら周りの先輩・仲間と協力し頑張る毎日を送っています。

                              卒業生の声のページへ

copyright 2006 Tomakomai Nursing Special School